建物・土地・お金のバランスが正しい家づくりの進め方です。

住宅というのは、建物の良し悪しだけで決めてしまうことは危険です。自分たちが暮らしやすい間取りと住みたい家。それを建てる場所。また、そこで長く暮らしていくためのお金。これらのバランスが取れて、初めて「本当のお客様だけの幸せな家」になると考えます。ですので、これらのバランスがしっかり取れた家を考えていくことがよいでしょう。

建物・土地・お金のバランス

家に何を求めますか

・子育てがしやすい家
・災害や地震で壊れない頑丈な家
・安く建てたい家
・共働きだから利便性の良い家
・個性的なデザイン性のある家
・使い勝手の良い間取り
・建てた後も安心できる家

ファイナンシャルプランをした資金計画

テリオスのファイナンシャルプランで考えれば建ててからも安心です。このファイナンシャルプランをやって他社で建てても構いません。実際に大手ハウスメーカーで建てた方もいらっしゃいます。生涯の失敗しないお金の計画を是非、皆さまに知って頂きたいのです。

1.手取りから計算すること
・年収ではなく、実際に毎月手元にあるお金が重要であるため

2.金利は10年固定以上で計算すること
・今は金利が歴史上で一番安いから、今後金利が上がっても大丈夫な計画をするため

3.ボーナス・手当は計画に入れないこと
・ボーナス・手当は不安定な収入のため
・ボーナス・手当は繰上げ返済の原資に当てるため

4.65歳を目処に完済できる計画をすること
・退職後の65歳以降の生活を楽にするため

掘り出しものの土地はありません

まず、様々な土地をお探しの方、迷っている方にプロとしてお伝えしたいことがあります。それは・・・

1.掘り出しものの土地はありません。
「掘り出しものがあるかも!」と土地をずっと探している方がいます。 掘り出しものの土地はまずありません。なぜなら、必ず安い土地には理由があります。価格の安い土地の理由をしっかりと把握しましょう。何が大切かを考えて、優先順位を決めることが重要です。

2.決めるまでのスピードも重要です。
いい土地を見つけたら、すぐに現地に行きましょう。
周辺環境や騒音などは、平日・休日の異なる時間に歩いてみることが大切です。
自分たちにいい土地だと思ったら、他の人にとってもいい土地だと考えましょう。
不動産は「取り合い」なので、素早い決断も重要になります。